我が家のペットにも保険が必要な時代ですか?

ペット保険について考えてみよう!

ペット保険、最近、よく聞くようになりましたね。ペットに保険なんてぜいたく、本当に必要?など、いろいろなご意見があることと思います。ただし、覚えておかなくてはならないことがあります。それは、人間とは違い、ペットには社会保障などというものはないということです。けがや病気で動物病院にかかれば、その費用は全額飼い主さんの負担になります。そのため、思っていたよりも高い治療費が請求されることは珍しくありません。そして、ペットもまた高齢化する傾向にあります。高齢になれば当然様々な身体の不調が出てきます。そうなれば必然的に病院に通うことになる可能性もより高くなってしまうのです。よくお考えになると、ペットの保険の必要性もご理解いただけるのではないでしょうか。

うちのペットは保険に入れるのかなあ・・・

ペット保険とは、人と同じで、動物病院での診療をカバーするためのものです。また、保険によっては、ペットが何かを壊してしまったり、人にけがをさせてしまったりした場合の賠償費用をカバーできるものまであります。対象になるペットですが、保険会社によって違いがあります。犬や猫ならばほぼ確実に大丈夫でしょう。でも、犬や猫以外の動物を対象としている保険ももちろんあります。ですから、ご自分の家のペットが保険に加入できるのかどうかは、資料を請求したり、ウエブなどでお調べになることをおすすめします。たくさんのペット保険があるので、驚かないでくださいね。

ペット保険って、保険料おいくら?

大変気になるペット保険の保険料ですが、当然保険会社によって違います。ただ、一般的に言えることは、年齢が高い方が保険料は高くなります。また、加入後の保険の継続については、何歳までなら継続OKかというのも、保険会社によって多少の違いがあることも覚えておきましょう。それから、体が大きくて重い方が保険料も高くなります。まとめると、人間と同じように年齢が高いと保険料も高い、体の大きさや体重によっても保険料が違う、ということですね。ただし、これはあくまでも一般的なことです。保険会社によって、細かい点などで違いがあります。やはり情報を集めて検討したいところです。お宅のペットの種類や飼い主の方の考え方で、希望される保険も変わってくることと思います。大切な家族の一員ですからね。じっくりとご検討ください。

急なペットの怪我や病気などに備えるためにペット保険に加入してみてはいかがでしょうか。ペットを守ることが出来ますので、多くの方が加入をしています。